出血で見抜ける|女性の病気といえる子宮筋腫に要注意

女の人と赤ちゃん
このエントリーをはてなブックマークに追加

家族を認識する

女性

フリースタイル分娩では旦那さんも参加することが可能です。また、妊婦さんがきつい時にお腹を擦ったり、手を握ったりすることで家族という認識を持つことができるでしょう。

もっと読む

良性の筋腫

先生

女性にとってのリスク

子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、生理の時以外でもお腹が急に痛くなったりします。さらに、筋腫が大きくなるにつれて生理の時の出血量が増えて普段から貧血になりやすく、爪がへこんだりすることもあります。また筋腫が大きくなってお腹だけがポコっとでてしまうといったようなことがおこります。そして子宮筋腫での女性にとって1番のリスクは妊娠する可能性が低くなることがあるということです。出来た場所や大きさによっては、年齢やその他の条件に関わらず妊娠が難しくなります。妊娠出来たとしても、慎重に経過を見守っていく必要があり通常の妊娠よりもリスクは大きいものになってしまいます。しかし、手術すればだいたいの場合はこれらの症状が緩和され妊娠も出産も無事におこなえますので安心してください。

手術方法とは

それでは、子宮筋腫の手術方法はどのようなものがあるのでしょうか。筋腫の大きさにもよりますが、主に腹腔鏡手術をおこなうようになります。これはお腹に小さな穴を3、4箇所開けてそこから筋腫を切って出す方法です。傷跡は小さく、入院期間も4日間から7日間くらいで済むので人気があるようです。切ってしまえば子宮筋腫はなくなるので心配はなくなります。また筋腫を小さくする方法もあり、子宮筋腫に栄養を運んでいる体の中にある管の元を締めて栄養が筋腫にいかないようにしてしまいます。この方法も入院する必要がありますが、大きな手術ではないので1日間程度で退院でき、もちろん妊娠も可能になります。痛みもほとんどないためこちらもとても人気があります。

服用する人が増えている

看護師

ピルを服用している人は、多くなってきていると思います。避妊だけではなくて、ホルモンバランスを整えるためなどに飲んでいる人もいます。最近は大阪市内でも夜間診療や土日診療をやっている病院もありますし、ピルを専門としている病院もあります。

もっと読む

赤ちゃんを迎えよう

二人組

着床前診断を行うことで、染色体や遺伝性の病気を早期に知ることができ、中絶することがなくなり、流産も回避することができるでしょう。また、着床前診断は体外受精が前提で、だれでも受けることができる診断ではないため、時間がかかることを認識しておく必要があるでしょう。

もっと読む