出血で見抜ける|女性の病気といえる子宮筋腫に要注意

女医
このエントリーをはてなブックマークに追加

家族を認識する

女性

現代では、フリースタイル分娩という新しいスタイルで妊婦さんに負担をかけることなく産むことができるようになっています。例えば、出産時に横向きや仰向けになることで痛みが和らぐ方もおり、四つん這いや立ったまま赤ちゃんを産み方があるでしょう。そうすることで母体に負担やストレスをかけることなく自然に子供を産むことができるのです。従来では、病院で医師や看護師がいる中、一人で出産しなくてはならず、それだけでも大きな不安の要素になっている上、ライトや冷たい印象を受ける手術台のうえで出産をなくてはなりませんでした。妊婦さんにストレスをかけてしまうと、赤ちゃんにも悪影響を与えかねないので、フリースタイル分娩ができる産婦人科を選択するように心がけましょう。そして、フリースタイル分娩では楽な格好をすることができるので、赤ちゃんが産道といわれる部分を登る必要がなくなることで母子ともに体にやさしいといえます。また、これらの作業をしなくてもよくなるのでフリースタイル分娩なら短い時間で出産をすることができるでしょう。他にも、旦那さんも一緒に出産現場に立ち入ることができ、妊婦さんが辛い時にお腹を擦ったり、手を握ったりすることが可能ですので、家族という認識をすることにもつながるのです。特に、男性は子供を産めないのでなかなか父親としての実感が沸かないという人がいるのも事実です。そういったことを避けるためにもフリースタイル分娩をして、二人で赤ちゃんを育てていくという意識が芽生えるのです。