出血で見抜ける|女性の病気といえる子宮筋腫に要注意

女医
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんを迎えよう

二人組

染色体や遺伝性の病気

着床前診断は婦人科で行われる診断なのですが、どのような診断なのかご存じでしょうか。着床前診断とは、受精卵が着床する前に受精卵に異常がないかを確認するために行う診断なのです。そのため、妊娠する前に染色体や遺伝性の病気を早期に知ることができるのです。また、着床前であるため、病気が発覚した場合には産むか産まないかを選択する必要がないのです。また、中絶をするということもなくなるので、苦渋の選択をする必要がなくなるでしょう。さらに、何度も流産を繰り返すことで体と心にダメージを受けている方がいますが、事前に染色体に異常がないかを確認するため、繰り返される流産を回避することにつながるでしょう。着床前診断により、新しい命を育てていくことが可能になるのです。

体外受精と時間がかかる

また、着床前診断は時間がかかり、体外受精が前提となることを理解しておくことが大切です。場合によっては体外受精を数回行わなければならない場合もあるため、高額な費用がかかる可能性があるのです。また、着床前診断は不妊症の方でなくても体外受精が必要になるのです。そして、着床前診断はだれでも受けられることができる診断ではないのです。適応条件があり、その条件に該当する方のみ受けることができるのです。しかし、着床前診断を受けることが承認されるまでに長くて1年ほどかかってしまう場合もあるのです。すぐにでも赤ちゃんが欲しいと思っている方にとっては、とても長い期間のように感じてしまうでしょう。着床前診断は、メリットばかりに目が行きがちですが、注意点に関しても把握しておくことが大切なのです。